作品詳細

女政治家の通信簿(小学館新書)
902円
彼女たちの「政治家としての資質」を問う。永田町や霞が関は、今も男性優位と指摘される。財務省のセクハラ問題は氷山の一角。女性の政界進出は時代の要請だ。ただし、昨今、女性政治家の失言や醜聞が俎上にのることも珍しくない。女刺客、○○ガールズ、マドンナ議員。選挙時の「党の華」も、当選後は機会に恵まれず、人知れず散る。女性政治家が活躍するためにも、「女性だから」と重宝するのではなく、「政治家の資質」を問うことが必要ではないか。【本書に登場する女性政治家たち】「鉄の天井」などない/小池百合子都知事涙ぐむ「ともちん」に保守層も引いた/稲田朋美前防衛大臣女は弱し、されど母は強し/野田聖子 総務大臣「二重国籍」を批判するバカたちへ/蓮舫元民進党代表「土」と「大麻」に拘泥する総理夫人/安倍昭恵総理夫人(番外編)ほか中山恭子、山谷えり子、杉田水脈、辻元清美、山尾志桜里、福島瑞穂、吉良佳子、上川陽子、片山さつき、高市早苗、金子恵美、佐藤ゆかり、上西小百合、三原じゅん子、今井絵理子、丸川珠代、嘉田由紀子、太田房江、小渕優子、鈴木貴子、田中眞紀子、土井たか子、扇千景の計29人を論評。野田聖子総務大臣、舛添要一前都知事との対談も収録。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン