作品詳細

P+D BOOKS 地を潤すもの
648円
戦犯として処刑された弟の“生と死の意味”。第2次大戦後まもなく、現地住民虐殺の戦犯としてシンガポールで処刑された水島団。それから30年の時を経て、兄の水島譲は弟が辿った死までの道のりを追体験してみようと、旅に出る。タイ・バンコクからマレー半島を列車と車で南下し、一路シンガポールへ。かつて虐殺があった事件現場や団が刑死したチャンギ刑務所、そして墓地と、弟ゆかりの地を訪ねていくうち、事件の意外な真相が明らかになる。戦争を題材に、人間の生と死の意味を問う意欲作。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン