作品詳細

青嵐の坂
1760円
藩のため、妻のため、男は荊の道を歩み出す――。生きるとは?正しさとは?不正を許さぬ武士の覚悟が胸を震わす、葉室文学の真骨頂!城下の「お狐火事」をきっかけに、扇野藩の財政は破綻の危機に瀕した。中老に登用された檜弥八郎は藩政改革に着手するが、改革は領民の生活を圧迫、人々は「黒縄地獄」と呼んで弥八郎を嫌った。そんな折に弥八郎は収賄の疑いで糾弾され切腹、改革は三年でとん挫する。弥八郎の娘・那美は、親類の中で最も貧しい、遠縁の矢吹主馬に預けられた。――その数年後。弥八郎の嫡男、慶之助は、代替わりした新藩主の側近として国入りを果たす。父・弥八郎の改革に批判的だった慶之助は、自らの考える藩政改革に意欲を燃やし、藩札の発行など、新しい政策を提案する。警戒する家老らは、主馬を呼び出し、那美を妻とせよと命じた。主馬に檜家の家督を継がせることで、慶之助を排除しようとしたのだ。だが主馬は、弥八郎からある密命を受けており――。「政を行うということは、いつでも腹を切る覚悟ができているということだ。そうでなければ何もできぬ」正義を貫く武士の覚悟が胸を打つ、傑作時代長編。映画化で話題沸騰の『散り椿』に連なる、扇野藩シリーズ!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン