作品詳細

泣きかたをわすれていた
1320円
壮絶な介護の末に母を送ったあの日から10年。いま、冬子は自ら終わりを見据えはじめる……正面から「人生」と向き合い問い続けた先に開ける、真の自由を描く著者20年ぶりの傑作長篇!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン