作品詳細

日本政治史(増補版)
2200円
近代国家は、国民の上に巨大な力を及ぼす一方で、国民の支持なしには存在できない。また、内政と国際関係が密接に結び付く。幕末から冷戦終結に至る130年余の日本の近代を、中央レベルの政治権力を対象として分析・考察する。「植民地とその後」を加筆。[目次]第1章 幕藩体制の政治的特質第2章 西洋の衝撃への対応第3章 明治国家の建設第4章 政府批判の噴出第5章 明治憲法体制の成立第6章 議会政治の定着第7章 日清・日露戦争第8章 帝国の膨張第9章 政党政治の発展第10章 国際協調と政党内閣第11章 軍部の台頭第12章 帝国の崩壊第13章 敗戦・占領・講和第14章 自民党政治の発展第15章 国際秩序の変容と冷戦の終焉補 章 植民地とその後

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン