作品詳細

5時過ぎランチ
1287円
敵はヤクザ、刑事、そして国家権力――この仕事、ブラック過ぎて腹が空く。芥川賞作家・羽田圭介だから書ける限りなく危険なお仕事&犯罪小説! ●「新しい任務を伝えに来た」「ある程度は休みがほしい。……俺でないと駄目なのか」「手が空いている人員が他にいない」(「内なる殺人者」より)●ガソリンスタンドのアルバイト、アレルギー持ちの殺し屋、写真週刊誌の女性記者。日々過酷な仕事に臨む三人が遭遇した、しびれるほどの〈時間外労働〉! 今後10年は書けない作品です。ある種の真面目さに満ちた仕事小説を、ぜひ。――羽田圭介

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン