作品詳細

別れの何が悲しいのですかと、三國連太郎は言った
1540円
稀代の俳優との20年の交流を綴る。世間を騒がせた太地喜和子との大恋愛をはじめとする、独特の恋愛観、役作りのために歯まで抜く芝居への情熱、ごくわずかの限られた知人にしか見せなかった死去直前の病室の様子まで。知られざる素顔を描く。『婦人公論』連載の書籍化。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン