作品詳細

「本を売る」という仕事  書店を歩く
1324円
次々閉店していく街の本屋の中で生き残っている書店は何をしているのか――書店現場の知恵と情熱を追う!全国100書店を徹底取材して見えてきた「これからの本屋のかたち」とは!?〈街の本屋は次々と消えている。読書環境を保証する街のインフラともいえる存在が失われつつあるという事態には、危機感を抱かざるを得ない。私のように本屋に行きたい子らはいまもいるはずだ。では、どうすればいいのか。だからこそ、街の書店に焦点をあて、なぜ書店経営が困難になったのかその理由を追いつつ、そんななか創意工夫をこらして地域の人々とともに歩む書店を紹介したいと思った。また、困難ななかあえて書店業に参入した人々に光をあてたいとも思った。それが本書の“旅”の目的だった。〉「あとがき」より第1章 しぼむ街の本屋第2章 地域と書店第3章 街の本屋の挑戦第4章 新しい本屋のかたち第5章 震災を超えてエピローグ 山陰で出版人を育てる「本の学校」

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン