作品詳細

アマゾンエフェクト!――「究極の顧客戦略」に日本企業はどう立ち向かうか
1728円
【内容紹介】アマゾン・エフェクト(効果)。アマゾン・ドット・コムの快進撃の陰で、業績や株価の低迷にあえぐアメリカ企業が増えている現象をさす。業界は百貨店やスーパーに限らず生鮮品や衣料品、コンテンツ産業など幅広い業態におよぶ。オムニチャネルを知悉した著者が解説するデジタルシフト危機への対処法!常にデジタルシフトの第一線を走り、孫正義、北尾吉孝、鈴木敏文らカリスマの元でアマゾンという強敵と対峙してきた著者がアマゾン・エフェクトに勝つ法を明らかにする。【著者紹介】鈴木康弘(Yasuhiro Suzuki)1987年富士通に入社。SEとしてシステム開発・顧客サポートに従事。96年ソフトバンクに移り、営業、新規事業企画に携わる。99年ネット書籍販売会社、イー・ショッピング・ブックス(現セブンネットショッピング)を設立し、代表取締役就任。2006年セブン&アイHLDGSグループ傘下に入る。14年セブン&アイHLDGS執行役員CIO就任。グループオムニチャネル戦略のリーダーを務める。15年同社取締役執行役員CIO就任。16年同社を退社し、17年デジタルシフトウェーブを設立。同社代表取締役社長に就任。デジタルシフトを目指す企業の支援を実施している。SBIホールディングス社外役員も兼任。【目次抜粋】少し長いまえがき第1章  アマゾン・ショックが日本にも押し寄せる第2章  アマゾンに対抗できるのはどのグループ第3章  デジタルシフトの本質はなにか第4章  取り残される日本企業第5章  業務改革でデジタルシフトの波に乗るあとがき

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン