作品詳細

医者の死生観 名医が語る「いのち」の終わり
814円
超高齢社会の日本。その状況下で「生」と「死」を見続けてきた医師が、自身の「死生観」を語り尽くす。天野篤(順天堂医院)や加藤友朗(コロンビア大)ら20人の名医から紡ぎ出される言葉のすべてが、来たる多死社会へのプロローグとなる。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン