作品詳細

トリダシ
880円
「とりあえずニュースを出せ」東西スポーツで、スクープを連発し異彩を放つ一匹狼の野球面デスク・鳥飼義伸。異常ともいえるほどスクープに飢えたその姿勢、編集局長から新人まで関係なく叱り飛ばす尊大な態度……。周囲の人たちは、彼の口癖にひっかけて軽蔑と畏敬の念を込めて「トリダシ」と呼ぶ――。 各球団の人事情報にまで口をだし「影のGM(ゼネラルマネージャー)」と呼ばれ、他紙から恐れられる存在のトリダシは、「なぜ、彼はそこまで〈スポーツ新聞〉、そして〈スクープ〉にこだわり続けるのか?トリダシには、以前、上司に煙たがられ、一般紙の社会部に転属した過去があった。上からは煙たがられ、下からは恐れられるトリダシとは、いったい何者なのか。そして、トリダシは、なぜ選手や監督の信頼を勝ち取り、かつ安心して口を開かせて、スクープを取りつづけることができるのか。女性部下、元野球選手の記者、ライバル紙のエース、球団関係者、一般紙時代の過去を知る同僚、デスクなどの視点から、トリダシの実像とともに、丁々発止の知られざるスポーツ記者の世界の裏を炙り出していく連作短編集。 『ノーバディノウズ』でサムライジャパン野球文学賞、『サイレントステップ』で馬事文化賞候補と、玄人筋から絶賛される本城雅人が、満を持して自らの職業だったスポーツ記者ものに挑んだ勝負作。横山秀夫氏も絶賛!「この作者は巧みな投手だ。球筋の読めない心理戦に翻弄された。」解説・内田剛

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン