作品詳細

東京の夫婦
1199円
「僕、51歳、福岡出身。M子、31歳、茨城出身。東京で出会った」東京で家族を失った男に、東京でまた家族ができた。夫は、作家で演出家で俳優の51歳。妻は、31歳の箱入り娘。東京で出会って、東京で夫婦になった。ときどきシビアで、ときどきファンタジーで。東京の夫婦はたくさんいる。そのどれにもドラマがある。これも一つの東京の夫婦のストーリー。「大人計画」を主宰し、作家、俳優として活躍する松尾スズキさん。2014年に「普通自動車免許を持った一般の女性」(著者twitterより)と再婚した松尾氏がその結婚生活を綴ったエッセイ「東京の夫婦」(雑誌GINZAで2015年より連載)が単行本化。松尾氏ならではの諧謔的で赤裸々な描写に笑いつつ、ときに本質を鋭く見据えた視点からあぶりだされる「今の社会に漂う閉塞感や歪み」に共感させられる、多面的な魅力を持つ作品となりました。「今までの著作の中で最も文章を練り上げて書いたものの一つ」と著者も認める、34の「結婚」の像。「この本には、僕が大好きな松尾さんがたくさん詰まっています」(帯コメント・星野源)

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン