作品詳細

街場の憂国論
1496円
行き過ぎた市場原理主義、国民を過酷な競争に駆り立てるグローバル化の波、排外的なナショナリストたちの跋扈、改憲派の危険な動き……未曾有の国難に対し、わたしたちはどう処すべきなのか?脱グローバリズム、贈与経済への回帰、連帯の作法から「廃県置藩」論まで、日本の未来を憂うウチダ先生が説く、国を揺るがす危機への備え方。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン