作品詳細

雨と詩人と落花と
1382円
天保3年(1832)、広瀬旭荘は九州豊後、日田の私塾・咸宜園の塾主であった。兄の淡窓は世に知られた学者であり、詩人であったが、代官所の横暴で、旭荘が兄の養子となり、塾主となったのだ。その日、旭荘は二度目の妻・松子を迎えた。旭荘はカッとなるたちで、前妻は去った。心優しき詩人である旭荘の本質を松子は理解していた。やがて堺に遊学した旭荘は大塩平八郎の決起に遭遇した。各地が騒然としていたが…。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン