作品詳細

片手鍋ひとつで作る炒め煮、マリネ、スープ
1296円
私はほとんどの料理を片手鍋とフライパンで作ります。使い勝手のよい片手鍋は登場回数も多く、たとえば先に炒めてうまみを引き出し、煮汁でやわらかにまとめる「炒め煮」のような料理は、片手鍋の真骨頂です。素材本来の味を十分に引き出せば調味は最小限で済むから、私はだし汁ですらできるだけ使いません。だしをとるという作業は家庭にとって小さくない負担であるからです。正しさを伝えたいわけではなく、臨機応変に暮らしの中へ料理を組み込む楽しさを、知ってほしいのです。〈著者〉角田真秀

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン