作品詳細

広告みたいな話(新潮文庫)
330円
この時代のカケラを、文化、言葉、風俗、社会、メディアの分野から拾い集め、言文一緒、半フリーなんて言葉で、無重力の時代、カフェバー、椎名誠の文体、ビートたけしまで軽く鋭く斬っていく。これを読めば、訳の分からん世の中のことも分かってきたような気になる、これぞこの時代の広告になっている一冊!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン