作品詳細

姿三四郎(下)(新潮文庫)
810円
許されて紘道館に帰った三四郎を待ち受けていたのは、西日本を代表する柔術の天才児津久井譲介との東西争覇戦であった。優るとも劣らぬ相手の技術と修業の深さを知ったとき、三四郎に勝利の自信はなかった……。軽薄な欧化主義と過激な国粋主義の渦巻く、鹿鳴館時代から日清戦争に及ぶ明治の風雲を背景に、一つの青春の理想像を造形し、時代の枠をこえた感動を呼ぶ傑作の完結編。
完結 新潮文庫

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン