作品詳細

丹下左膳(三)(新潮文庫)
825円
伊賀藩の若殿・柳生源三郎は江戸の十方不知火流道場の開祖の娘・萩乃のもとに婿入りに向かう途中であった。ひっそり婿入り行列にまぎれていた与吉が婿入り道具のひとつ・こけ猿の壺を盗み出したはよいが、チョビ安という子どもに壺を盗られてしまうからさあ大変。壺に柳生家初代が埋めた黄金のありかの秘密が隠されていたのだ。チョビ安は橋の下で寝ていた左膳の元に身を寄せるが……痛快な第三巻!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン