作品詳細

不妊治療をしている女性の夫、両親、義両親が正しい妊活サポートを知る。
328円
さっと読めるミニ書籍です(文章量11,000文字以上 12,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の22ページ程度)【書籍説明】この本は女性が不妊治療をよりよい環境で行うために、女性の家族が読むべき本である。両親や義両親は知らず知らずのうちに妊活女性にプレッシャーとストレスを与えてしまっている現状がある。夫は「不妊治療は女性が行うもの」と間違った認識をしているケースが多い。女性が抱く不妊の悩みは年代に関係なく、その悩みに寄り添えない家族が多い。不妊治療は女性が1人で行うものでは決してない。この本の中で、両家の両親・男性の両親・夫と3つに立場を分けてそれぞれに求めることを執筆した。自分の立場だけでなく、違うものも読むことで不妊女性が求めることを理解し、不妊治療に励む女性によりよいサポートを行ってもらうための本である。【目次】(両家の親編)1.プレッシャーを与えない(両家の親編)2.辛い気持ちの理解(両家の親編)3.口をはさまない(両家の親編)4.流産と不妊の辛さ(男性の親編)男性の両親だからこそ(夫編)1.一緒に考える(夫編)2.自分も検査に行く(夫編)3.生理のショック家族の心得【著者紹介】ぴかぴかりん(ピカピカリン)大学卒業後、一般企業で事務員を経験。現在は専業主婦。自分の経験をもとに人の役に立てる本を目指して執筆に奮闘中。いつか自分の小説を執筆することを目標に経験を重ねている。… 以上まえがきより抜粋

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン