作品詳細

問題は右でも左でもなく下である ~時代への警告~
1404円
私は性格的に学問的にも保守思想(すなわち近代的理念・理想・理性・合理主義に対する懐疑的な姿勢)に馴染んできたので、右翼や左翼、要するに理想主義者とは相容れないところがある。未来にせよ過去にせよ、理想郷を設定するのが不可能な時代に生きているということを自覚できない時点で、やはりそれは弱者の思想だと思う。その前提の上で、半ば自嘲気味に、あるいは戦略的に右や左を演じている人々は面白いし、場合によっては知的な刺激を受けることもある。本書で扱うのは彼らではない。「下」である。右翼の底辺「右下」もあれば、左翼の下層「左下」もある。橋下という政治家もいた。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン