作品詳細

星の降る森で 自選短編小説集 1992‐2000
星の降る森で 自選短編小説集 1992-2000
1382円
イラストレーター・文筆家であり、野遊び・焚火の達人として知られる著者が、過去の小説集の中から自ら10編をセレクト。焚火と星空と胸の高鳴りと――。著者が全面的に手を加えて甦る、アウトドア/ネイチャー小説の精華。初めてのキャンプ。初めての焚火。初めての夜の森。初めての嵐。僕はまたいつか、こんな夜を過ごせるのだろうか――。(「星の降る森で」より)<目次>原野へ/座る牝牛/絢爛/少女の峰/神さまの棲む川/青い水の銀河/川の肋骨/獲物の分け前/湿原の記憶/星の降る森で

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン