作品詳細

日暮し同心始末帖
父子の峠 日暮し同心始末帖
669円
7巻まで配信中
死罪となった猿回しの男、息子を奪われた誇り高き父は復讐を誓う……。年寄りばかりを狙った騙(かた)りに遭い、老夫婦が首をくくった。その蓄えはすべて奪われていた。定町廻り代理を命じられた平同心・日暮龍平は、若い猿回し夫婦を捕縛、夫は打ち首、病身の妻は放免とされた。妻お楽は故郷の会津に義父・重右衛門を訪ねる。一切を聞き復讐の鬼と化した重右衛門は、あろうことか龍平の息子・俊太郎を拐(かどわ)かした! 憤怒する龍平は剣を取り、行方を追跡するが……。父子の熱き想いを描き切った「日暮し同心始末帖」シリーズ、感動の第7弾!
日暮し同心始末帖
669円
風貌は頼りなし。ただし、腕におぼえあり――。北町奉…
日暮し同心始末帖
669円
隅田川・柳原堤(やなぎわらづつみ)で物乞いと浪人が…
日暮し同心始末帖
680円
“成り変わり”のホトケの裏に隠された、ささやかな幸…
日暮し同心始末帖
669円
恐るべき剣の腕を持つ連続人斬り犯の正体とは? 両国…
日暮し同心始末帖
680円
評判の絵師とその妻を襲った悪夢とは? 神田堀八丁堤…
日暮し同心始末帖
680円
殺された女郎と、行方をくらましたその妹、そして嫉妬…
日暮し同心始末帖
669円
死罪となった猿回しの男、息子を奪われた誇り高き父は…

この作品を読んでいる人にオススメ

辻堂魁の他の作品

祥伝社文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン