作品詳細

大江戸人情見立て帖
情けのゆくえ―大江戸人情見立て帖―(新潮文庫)
605円
2巻まで配信中
質屋に現れた武家奉公の女。質草代りの金を受け取らず、幼子を残し姿を消した……(「武士の体面」)。常磐津の師匠を人質に、稽古場に立て籠もった浪人。なぜか、刀の目利きを要求するが……(表題作)。刀の目利きと研ぎで評判の下級旗本・関口平九郎。お調子者の質屋の若旦那・卯之吉。冷や飯食いの同心・深尾左門。三人の男たちが、お江戸を騒がす難事件の謎を解きほぐす。書き下ろし時代小説四編。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン