作品詳細

あの日、茜色のきみに恋をした。
693円
十年の時を経て、ふたりの想いは交錯する――。珠玉の恋愛小説。小学生時代にいじめられていた経験のある優菜は、自分のような子どもを減らしたいという想いで小学校教諭となった。しかし赴任早々、自分をいじめていた酒屋の息子、志郎と再会する。優菜はなるべく関わらないようにするのだが、学校の職業体験の授業で志郎の店にも協力してもらうことになってしまう。それをきっかけにふたりの関係は徐々に変化していくのだった――。ひとりの女性の葛藤と成長を描いた、珠玉のラブストーリー。第1回お仕事小説コン入選作を、書籍化にあたり改題、大幅に加筆修正した傑作。読後、どこか懐かしいような甘酸っぱい気持ちになります。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン