作品詳細

こじれた仲の処方箋
1760円
母娘、夫婦、姉妹、友人……・いつかのことをあの人に謝りたい。・私を傷つけたあの人に謝ってほしい。・『ごめんなさい』とは言われたが、謝られた気がしない(むしろ余計イラっとした)。こんな気持ちを抱えたままで苦しんでいませんか?「ごめんなさい、でも……」「不快にさせてしまったのなら、ごめんなさい」「怒らせてしまって、ごめんなさい」そんな謝っているようで謝っていない謝罪が、どこの世界にもあふれています。人間関係の悩みは、「謝罪と許し」という視点から解決の糸口が見つかります。"本物の謝罪には強い癒しの力がある""ネガティブな感情の苦しみから自分を解放するために、自分を傷つけた相手を許す必要はない"by ハリエット・レーナー【本書のケーススタディ例】・長く気まずい関係にある妹にメールで謝罪を切り出してもいいか。・妹の態度を注意したら、自分が悪者になってしまった。どうしたらいい?・夫の不倫相手からの謝罪電話に出るべきか。・「ごめんなさい」を連発する友達にイラっとしてしまう。・母が私(娘)に対して後悔の言葉を口にしつづけるのがつらい。・私(母)を批判しつづける娘と、どうしたら普通に話せるようになるのか。・妻の叱責が激しすぎて、夫の謝る気が削がれてしまい、夫婦がますます険悪な雰囲気に。・やってもらって当然という態度の友人に、一言もの申したい。・裏切った同僚からの謝罪にどう対応するのがスマートか。・自分の主張を曲げない夫婦の歩み寄り方。etc.

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン