作品詳細

神戸あるある
880円
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。今日もこの街には優雅な時間が流れる……。可憐で楽しい港町 魅惑の神戸ネタ169本。【内容紹介】・野球場の名前がコロコロ変わる!・みんなの味方さ、コープさん!・「とくれん」をめぐり争う学生たち!・メロンパンやない、サンライズや!・「~とう」と言ったら神戸民?・崩壊の言葉「だぼ」!?・代々伝わる神戸ノート!・学校の洗礼、油引き!などなど、海と山とネオンの都・神戸のあるあるネタ一挙169連発。著者について●著・寺井広樹(てらい・ひろき)1980年、神戸市生まれ。大学卒業まで20年以上神戸で過ごし、阪神淡路大震災を経験。被災地の霊が伝える死生観に関心を持つ。怪談蒐集家として「怖い話シリーズ」をTOブックスより多数出版。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン