作品詳細

第三の標的
1100円
ジャーナリストのコリンズは、インタビューには応じたことのないテロリストとの接触をこころみる。その男、ラムジーが率いる反乱軍がシリアにある化学兵器の保管所から化学兵器を盗んだという噂があるなか、彼はコリンズに会うと伝えてきた。激しい戦闘がつづくシリアで、ついにコリンズはラムジーと接触する。ISISの指揮官である彼は、イスラム教の信条にそむき、殺人者や犯罪者と偽りの平和を結んでいる連中は焼かれるだろうと、コリンズに語る。しかし、化学兵器を入手した噂は否定する。そして、化学兵器について記事にすれば、コリンズを殺すと脅し──。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン