作品詳細

終末期医療のエビデンス
19800円
時として切り出すことが極めて難しい言葉を、医師として自信をもって話すために!終末期医療と緩和ケアに関する約4000もの研究論文をレビューした、JAMAエビデンスの集大成終末期患者が人生最後の期間を過ごすに当たり、患者の希望に沿った最も適切な治療を選択するには、どうすればよいか。エビデンス重視の系統的アプローチに基づく、待望の緩和ケア研究書です。実践テキストとして最適です。本書は、JAMA誌の特集連載“Perspectives on Care at the Close of Life”に新たなエビデンスや文献に基づいて更新した日本語版『Care at the Close of Life: Evidence and Experience』として刊行。具体的な症例に基づき、個々の患者にとって最適な治療法を考えていく道筋を示します。■主な内容・重症患者と終末期の話し合いを始める ~“触れたくない重要な問題”に取り組む・事前指示書を超えて ~終末期ケアでのコミュニケーションスキルの重要性・重症者のケアにおける意見衝突に対処する ~それはまったく問題外だった・肺疾患がかなり進行した患者の呼吸困難管理 ~いったん失うと、取り戻すのは難しいもの…・終末期患者の難治性悪心と嘔吐の管理 ~いつも吐き気がして…何も効いていなかった・フレイル高齢者に対する緩和ケア ~できたらいいのにと思うのに、もうできないことがある…などの42章

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン