作品詳細

形容詞を使わない 大人の文章表現力
1540円
「すごい!」「かわいい!」「それ、いいね!」→ありきたりなほめ言葉で、相手は本当に喜ぶ?「おいしそうなパンケーキ」「メープルシロップたっぷりの絶品ふわふわパンケーキ」→より「おいしそう」に感じる描写はどっち?1つの言葉でいろいろな感情を表現できる形容詞(すごい、かわいい etc.)や、ざっくりした説明と相性がいい副詞(ほとんど、たくさん etc.)は、ついつい使ってしまいがち。しかし、これらは会話で共感を示すときには便利でも、説明に使うと「中身が伝わらない」ことがあります。さらに、これらを使いすぎると「頭が悪そう」に見えることも!そこで本書では、国立国語研究所の教授で、日本語のレトリックに精通する著者が、文章表現の問題とその解答例を通じて、豊富な語彙を的確に使って洗練された文章を書くコツをわかりやすく説明します!・詳しく丁寧に書きこむ「具体描写」・擬音語・擬態語を駆使する「オノマトペ」・事情を加える「背景説明」・イメージをふくらませる「比喩」など、大人なら知っておきたい、「知的な印象」を与える文書を書くための9つのテクニックを紹介!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン