作品詳細

すべては歌のために ポップスの名手が語る22曲のプロデュース&アレンジ・ワーク
2200円
武部聡志の足跡を追うと、日本のポップス史が見えてくる1977年よりプロとしてのキャリアをスタートさせた音楽家、武部聡志による初の単著です。膨大なアレンジ/プロデュース作品の中から、自身にとってエポック・メイキングと呼べる22曲をピックアップ。「サウンド・メイク」「レコーディング手法」「作曲」「ストリングス・アレンジ」「歌入れ」「音楽監督」、そして「アーティスト・プロデュース」など、あらゆる角度から音楽制作のノウハウを語っていただきました。また武部をよく知る4名のゲストの方々には、現場における「武部聡志の仕事ぶり」についてお話を伺っています。本書を通じて浮かびあがってくるのは、アーティストを輝かせることに全力を傾けてきたミュージシャンの姿。それはダイレクトに日本のポップス史へとつながっています。ぜひ、本書で音楽作りの喜びと深みに触れてみてください。【本の内容】PROLOGUE プロデューサー/アレンジャーとして大切にしていることSONG 01 「卒業」斉藤由貴SONG 02 「あなたを・もっと・知りたくて」薬師丸ひろ子SONG 03 「Rainy Blue」徳永英明SONG 04 「瑠璃色の地球」松田聖子SONG 05 「流星のサドル」久保田利伸SONG 06 「どしゃ降りWonderland」今井美樹SONG 07 「危険な女神」KATSUMISONG 08 「全部だきしめて」吉田拓郎とLOVE LOVE ALL STARSSONG 09 「believe」山口由子SONG 10 「サクラ・フワリ」松たか子SONG 11 「もらい泣き」一青 窈SONG 12 「ハナミズキ」一青 窈SONG 13 「僕らの音楽‐オープ…

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン