作品詳細

ただ念仏せよ―絶望を超える道―
652円
親鸞聖人があきらかにされた教えにふれる同朋選書シリーズ45あらゆる人、そして自分自身と一つに出会いたいと願いながらも、自分中心の「自力の心」に覆われ、孤独や劣等感に沈んでしまう私たち。著者の師である信國淳氏との出遇いや、著者自身の体験をとおして、特に孤独や劣等感という課題を中心に、自分が自分として本当に生きるとはどういうことかを明らかにします。【目次】第一章 本当の豊かさ―生活の不安に学ぶ    親鸞聖人の問い/人間の苦しみとは/名号が語る生き方/私たちのすがた/五つの畏れ/お金の持つ性質/豊かさとは何か/貪欲の心/人間の深い欲求/お金によっても解けない問題/二つの生き方第二章 苦の構造    「一」の獲得/光の世界/倶会一処/自分の思いと現実/問題の根っこにある自分の心第三章 絶望を超える道    仏法と関わる姿勢/仏教とは何か/国王に成るという生き方/自分の心を中心にしたすがた/一つに出会いたい/自力の心/生死出ずべき道/自分が自分と一つになる/本願は一如の祈り

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン