作品詳細

危ない世界バブル
330円
米国や日本における歴史的な株価の上昇を支えているのは、各国の中央銀行が世界にばらまいたマネーだ。だが、その裏にある膨大な債務が、新たな金融危機を引き起こす火種となる。 本書は週刊エコノミスト2017年11月7日号で掲載された特集「危ない世界バブル」の記事を電子書籍にしたものです。目 次:はじめに・金融緩和が招いた「債務中毒」 近づく臨界点に打つ手なし・マネーはどう動く【インタビュー】寺島実郎(日本総合研究所会長)・官民「2大バブル」 市場への政府介入で膨らむ公的債務 過剰な金融緩和で民間債務も膨張・株高・債券高・不動産高の落とし穴 五つのバブル「HIEER(ヒア)」の恐怖・米欧の資金循環 欧州勢の米社債投資 ユーロ圏金利上昇で逆流も・「米ローン3兄弟」 「自動車」「学生」「クレジット」にリスク・積み立て不足の米年金 州・地方政府の不足額は1.8兆ドル・「黄信号」のオイルマネー 原油価格低迷に苦しむ産油国 海外資産取り崩しでマネー逆流も・くすぶる中国リスク 米緩和縮小で人民元安圧力 マネー流出で信用収縮も・「欧州発」危機 不良債権処理遅れるイタリア 総選挙で「EU離脱」不安も・カタルーニャ問題 独立強行なら財政悪化や企業流出【執筆者】松本 惇、池田 正史、平山 賢一、長谷川 克之、吉川 雅幸、青木 大樹、石原 哲夫、畑中 美樹、宮嵜 浩、安達 誠司、大槻 奈那【インタビュー】寺島実郎

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン