作品詳細

天彦流 中盤戦術 「局面の推移」と「形勢」で読みとく
1210円
「将棋は中盤が難しい」とよく言われる。序盤はある程度定跡で決まっており、終盤は玉を詰ますという目標がある。しかし中盤は定跡から離れているが玉を詰ます段階ではない。ではどのように方針を立てて指せばよいのか。佐藤天彦名人が「局面の推移」と「形勢」という2つの視点で、中盤の考え方を紹介する。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン