作品詳細

藤沢周平句集
763円
没後20年――藤沢周平が残した俳句と、俳句をめぐるエッセイ。青年期に結核治療のため入院した病院で、藤沢周平は初めて俳句と出会う。何よりも自然を詠みこめるという感動から、俳句の世界に入っていった。俳誌「海坂」に二年にわたり投句を続け、俳句への強い関心は後に長篇小説「一茶」に結実する。本書には「小説『一茶』の背景」「一茶とその妻たち」「心に残る秀句」「稀有の俳句世界」など、随筆9篇も収録。さらには単行本刊行から約18年、この度、新たに発見された俳句を付して、待望の文庫化。業界紙記者時代の昭和36、37年に、「馬酔木」(あしび)に月に一句ずつ、本名の小菅留治名で投稿句が掲載されていた。36年の分では、作者の手書きで、その句を含む数句が月ごとにまとめられていた。また、「俳句手帳」昭和53年版に、30句が記入されており、句の多くは、藤沢周平が作家になってからのものと推定される。合わせて100余の句が、一般読者に向けて初めて公開されることになった。藤沢の俳句への思いに光を当てる貴重な発見といえる。〈文庫解説〉「『自然』からの出発」 湯川豊(文芸評論家)

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン