作品詳細

隅田川御用帳
秋の蝉~隅田川御用帳(十八)~
660円
18巻まで配信中
縁切寺慶光寺の御用宿「橘屋」に、醤油問屋「紀州屋」の番頭がやってきた。橘屋に駆け込み離縁となった内儀のおきよを捜してほしいという。行方不明になっているおきよを捜し始めた橘屋の用心棒・塙十四郎だったが、ようやく捜し当てると、おきよは窮地に陥っていた。悪行に利用する輩やおきよを襲う悪党に十四郎の剣が唸る! 著者の代表シリーズ、感涙の最終巻。
隅田川御用帳
715円
自らの藩が取り潰しとなり浪人となった塙十四郎。生計…
隅田川御用帳
715円
縁切り寺「慶光寺」の御用宿「橘屋」に雇われた元築山…
隅田川御用帳
715円
付火の罪で倅が火付盗賊改に捕まったと、御用宿「橘屋…
隅田川御用帳
726円
縁切り寺の慶光寺に、白粉屋「紅屋」のおかみ、お新が…
隅田川御用帳
660円
小伝馬町から囚人たちが切放しになった。囚人たちに恐…
隅田川御用帳
660円
縁切り寺「慶光寺」に来て半月のおきよの亭主竹次郎が…
隅田川御用帳
660円
縁切り寺「慶光寺」御用宿「橘屋」の雇われ人、塙十四…
隅田川御用帳
660円
縁切り寺「慶光寺」御用宿「橘屋」に、小料理屋「鶴亀…
隅田川御用帳
660円
ならず者の弥蔵が遺体で見つかった。「慶光寺」御用宿…
隅田川御用帳
660円
駆け込み寺「慶光寺」の御用宿「橘屋」に、寺を出て普…
隅田川御用帳
660円
駆け込み寺「慶光寺」に突然、侵入者が現れた。御用宿…
隅田川御用帳
660円
「亭主のなにもかもが嫌になった」――そう言って「慶…

この作品を読んでいる人にオススメ

藤原緋沙子の他の作品

光文社文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン