作品詳細

救ってみろと放課後は言う (角川ebook)
990円
寺島日登志が遺書を書き上げたのは、九月四日の午後のことだった。心を決めたはずなのに、その日、まさかのひったくりに遭い、遺書と練炭の入った鞄を盗まれる。聞き覚えのある声で分かったひったくり犯は、以前日登志が話したことのある、宇都宮の「聞き屋」だった。仕切り直しを図るなか、日登志は以前から目をつけられている岸塚に呼び出される。奴が恋人である睦美の名を口にするたび、日登志の胸はざわめいてしまう。一方、友人・神山からの不審な電話で宇都宮駅に向かった瑠梨が発見したのは、ビルから落下して意識不明の神山の姿。血が広がる彼のそばに投げだされているのは、「遺書」だった。自殺したがりな僕たちは、それでも誰かを救いたい。 『初恋は坂道の先へ』で第1回ダ・ヴィンチ「本の物語」大賞〈大賞〉を受賞した俊英がおくる、謎が思わぬ方向に展開する切ない青春ミステリー!※本書は、2016年11月30日に配信を開始した単行本「救ってみろと放課後は言う」をレーベル変更した作品です。(内容に変更はありませんのでご注意ください)

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン