作品詳細

噺は生きている 名作落語進化論(毎日新聞出版)
1500円
同じ『芝浜』は一つだってない。志ん生、文楽など昭和の名人から、志ん朝、談志、さらには小三治、志の輔、一之輔ら現役トップの落語家まで、彼らはどう落語を分析し、アレンジを加え、ときに解体しながら演じてきたのか。演目の変化から落語の〈本質〉に迫る、画期的落語評論。
完結

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン