作品詳細

豊臣女系図 哲学教授櫻井成廣の秀吉論考集
550円
著者の櫻井成廣(一九〇二~一九九五)は城郭研究のパイオニアの一人にして、茶道、古典芸能、神道の歴史にも通じた哲学教授(青山学院大学)、異色の豊臣秀吉研究者でもありました。著書や雑誌論文から抜粋した長短とりまぜ四十数編の短文を、「系譜」「城」「芸能」「瓢箪」「神道、国学」などのテーマ別に再編集しています。主なテーマは以下の通り。秀吉は「美」の世界に通じた賢者/秀吉の父親は影の薄い入り婿で、母親が豊臣一族の始祖的な存在/滅びたとされる豊臣氏の血筋が、女系によって現代に伝わっている/母方祖父は神社の神官/国学者の人脈は豊臣氏とのかかわりが深い/大坂城の古代史から怪談まで/秀吉は宮廷雅楽の専門家?/千成瓢箪は水難除けのまじない。電子書籍ならではのリンク機能により、本文で言及された文献の原典(写本、刊本)を紹介しています。江戸時代の写本や明治・大正期の書籍が、国立国会図書館など公的機関によって次々とインターネット上で公開されているので、それを電子書籍の読書にいかそうという趣向です。発行元の桃山堂は、豊臣秀吉の「謎」にまつわる本/電子書籍を刊行するニッチな出版社です。本書はその第一弾です。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン