作品詳細

注文をまちがえる料理店
1540円
「注文をまちがえるなんて、変なレストランだな」きっとあなたはそう思うでしょう。私たちのホールで働く従業員は、みんな認知症の方々です。ときどき注文をまちがえるかもしれないことを、どうかご承知ください。その代わり、どのメニューもここでしか味わえない、特別においしいものだけをそろえました。「こっちもおいしそうだし、ま、いいか」そんなあなたの一言が聞けたら、そしてそのおおらかな気分が、日本中に広がることを心から願っています。――「注文をまちがえる料理店」に掲げられたステートメントより2017年6月。日本のみならず世界中の話題をさらったレストランがありました。その名は「注文をまちがえる料理店」。接客をするのは“認知症を抱える人”。まちがえることを受け入れて、まちがえることを一緒に楽しむ。この不思議であたたかいレストランのものがたりを1冊にまとめたのが本書です。I部ではこのレストランで本当にあったお話(物語)を、II部ではこの企画の発起人である小国士朗氏による解説ならびにレストランにかける思いを掲載しています。忘れちゃったけど、まちがえちゃったけど、まあいいか。■目次●Prologue 「注文を間違える料理店」ができるまで●「注文を間違える料理店」で本当にあったものがたり●「注文を間違える料理店」のつくりかた●Epilogue 「注文を間違える料理店」のこれから■著者 小国士朗「注文をまちがえる料理店」発起人テレビ局ディレクター。1979年生まれ。東北大学卒業後、2003年に某テレビ局に入局。2013年に心室…

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン