作品詳細

おれは一万石
おれは一万石 : 10 無人の稲田
539円
10巻まで配信中
海賊船は正紀らの活躍で退治したが、頭の鮫五郎は海中に身を投げた。四千俵もの米俵と高級昆布類は行方不明になった。同時に後ろ盾になっていた磯浜屋伝兵衛も、捕縛の手を逃れて水戸城下から姿を消した。この背後には、水戸藩御側用人友部久左衛門の存在が大きい。友部は手に入れた金を、府中藩の世子問題に利用し、勢力の拡大を図っている。府中藩領内の行方郡には、一揆の火種がのこっていた。好評シリーズ第十弾!
おれは一万石
539円
一俵でも禄高が減れば旗本に格下げになる、ぎりぎり一…
おれは一万石
539円
深刻な東北の飢饉に比べればましだったが、高岡藩でも…
おれは一万石
539円
井上正紀は戸川屋からの突然の借金取り立てに困惑する…
おれは一万石
528円
浜松藩井上家本家が、菩提寺である浄心寺改修のため、…
おれは一万石
539円
菩提寺改築を好機ととらえ、正紀と正広の失脚を図る建…
おれは一万石
561円
順調に進む菩提寺改築の一方で、あちらこちらで一揆、…
おれは一万石
539円
天明七年、老中松平定信が各米問屋に江戸への廻米を申…
おれは一万石
539円
米価は高値をつけたまま動かない。多大な犠牲を払った…
おれは一万石
550円
高岡藩藩主・井上正国が大阪定番の任を終え奏者番へ就…
おれは一万石
539円
海賊船は正紀らの活躍で退治したが、頭の鮫五郎は海中…

この作品を読んでいる人にオススメ

千野隆司の他の作品

双葉文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン