作品詳細

もうかるシェア経済
220円
個人が所有するモノや技能を他人と共有する「シェアリング・エコノミー(シェア経済)」が急速に拡大している。従来のビジネスの枠組みを大きく変える可能性を秘めている。 本書は週刊エコノミスト2017年8月8日号で掲載された特集「もうかるシェア経済」の記事を電子書籍にしたものです。目 次:はじめに個人のモノ、空間、スキル 人生や社会を変える起爆剤に乗り物のシェア ポルシェを1万円でレンタル 過疎地も「相乗り」で助け合いスキルのシェア 「家事」で稼ぐ時代 副業で「生きがい」見いだす金融を変える 新ビジネスの芽を発掘 映画も料理店も資金調達若手経営者がアイデアを競う 日本のシェアリング・エコノミー企業Q&Aで分かるシェアリング・エコノミー スマホ普及が後押し国内シェア経済 市場規模は1兆1800億円 民泊で「空間のシェア」貢献もうかるシェア経済 民泊新法で企業が続々参入 「180日規制」が障壁に【中国】 シェア利用が個人の「信用」創造 高評価者にさまざまなメリット【東南アジア】 急拡大の配車サービス グラブ、オラなど地元企業が躍進【米国】 医者と患者をつなぐウーバー型モデルに商機不安定な雇用 急増する「クラウドワーカー」 ワーキングプアの拡大防止へ対策を労働の「価格破壊」が進む AIで「安かろう悪かろう」防ぐ【執筆者】稲留 正英、花谷 美枝、石山 安珠、山本 悠介、榊 淳司、柏木 亮二、エヌ・エヌ・エー(NNA)、西村 由美子、金 明中

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン