作品詳細

なぎさの媚薬 分冊版 ねえさんの浴衣
275円
「わたしを買ってくれませんか?」――透き通るように白い肌、吸い込まれそうに深い瞳、まるくやわらかな声。伝説の娼婦なぎさは、自分を本当に必要とする客の前だけに現れる。なぎさとの甘美な時間の合間に男が見るのは、あまりにもリアルな、青春時代の自分の夢。--造り酒屋の息子として育った圭。「家」の跡継ぎを望む一族の重圧に苦しむ兄嫁の文恵を、助けたい、と願うが、文恵は自らの命を絶った。それから二十四年後……。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン