作品詳細

禁断のルームメイト
220円
「経験はあるのか?」ルームメイトの突然の問いかけに、アノーラは耳を疑った。カウンターに食料品の袋を下ろそうとするが、うまくいかない。裸同然のルームメイト――シングが、ジーンズの中の怒張したモノをヒップにこすりつけてくるのだ。「ないわ」背後から彼に犯されるのを想像したとたん、鼓動が速まり、アノーラはカウンターにしがみついた。妄想の中でだけだった。彼がこんなふうに淫らに腰を動かすのは……。シングは慣れた手つきでジーンズのボタンをはずし、下着の中に指を滑り込ませてきた。秘められた箇所をまさぐり、襞を広げて言う。「濡れているじゃないか」熱を帯びた体の芯に指を埋め込まれると、アノーラはうめいた。悦楽が体を走り抜ける。最も敏感な部分を彼の指にはじかれるたびに、絶頂の扉が近づいてくる。彼が急に欲望を爆発させた理由なんて、もうどうでもいい――

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン