作品詳細

続・私の気ままな老いじたく
1458円
1999年7月に刊行した「私の気ままな老いじたく」に続く、読者待望の第2弾が話題になっている。わかりやすくて、心あたたまる著者の筆づかいもさることながら、この本のポイントは、本文の文字が普通使われる文字より、大きくしてあること。第1作を読まれた、おおぜいの読者からのお便りでも、「この本は文字が大きくて本当に読みやすかったので、友人、知人にもすすめました」と、大変喜ばれた。今年、83歳になる(刊行当時)著者がこんなにお元気で、しかもこれほど人々を感動させるコラムを書き続ける様子に、読者はあらためて、人は年齢に関係なく、「今、目の前にあるささやかな幸せを大事にしながら、しかも前向きに生きていく」ことのすばらしさ、大切さをしみじみと味わうことができるだろう。 第1章*体力を過信せず、今できることをする 第2章*おいしく食べる楽しみと暮らしの知恵 第3章*快適生活を送るための道具立て 第4章*ささやかな幸せを見つける楽しみ上手 第5章*今の幸せを明日につなぐ心の準備 第6章*自分の家で自分らしく終わる人生

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン