作品詳細

親鸞の教化―和語聖教の世界―
489円
如来の教化にあずかった身として、人々にそれをどう伝えるか――。親鸞が課題とした「教化」について、『唯信鈔文意』や『一念多念文意』、『三帖和讃』、御消息など、和文で綴られた著作(和語聖教)を通して尋ねる。それらの著作からは、日々教えに立ち帰り聞思に生きた親鸞の姿が浮かび上がる。※本書は2011年に刊行された「シリーズ親鸞」第五巻『親鸞の教化』(筑摩書房刊)を文庫化したもの。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン