作品詳細

会計学論考
1188円
会計学を考察する時、一般の著書では、わからないことについて、ふれてみた。論理的観点から、その発端について、わかりやすく説明をした。そして、伝票会計について、その取引と実務についてふれた、いわゆるユートピアといわれるものの中で、どう会計が、役立っているのか、歴史的考察と共に、述べている。また、数字との関係も深いと思うので、数学的なアプローチもしている。その他、関連分野にも言及している。税制改革にも、論考を示しているので、戦後日本の情況がわかると思う。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン