作品詳細

[ポイント図解]損益分岐点の実務が面白いほどわかる本
  • 【期間限定】第1巻が 1404円⇒702円!9月26日まで
  • ※割引となる作品は割引後の金額が表示されていますので、ご確認の上でご購入ください。
702円
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。「損益分岐点」は利益管理に欠かせない手法です。経営者、役員、経理・財務の部課長・担当者はもちろんですが、近年は営業や製造部門など現場セクションでも「利益」を考えることが必須となっています。この考え方は、経営者のみならずいまやプロジェクト・リーダーにも不可欠な考え方なのです。しかし、「売上を伸ばせば利益も増える」という考え方だけでは。売上が伸びたからといって、「お金=キャッシュ」も増えるわけではありません。「損益分岐点」についてはその定義がわかりやすいのですが、それを実務に活かすとなると、意外と難しいものです。また、実務担当者でも、わかっているようで理解していない代表例が、この「損益分岐点」です。本書は、会社や仕事の「損得」をつかむ損益分岐点について知識ゼロからでもわかる本です。※本書は2008年に小社から刊行された『[損益分岐点]の実務が面白いほどわかる本』に大幅な加筆をし、再編集したものです。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン