作品詳細

競馬の終わり
本編
626円
【第10回日本SF新人賞受賞作】22世紀。ロシアの占領下にある近未来の日本では競走馬のサイボーグ化が決定。ロシア高官イリッチは、生身の馬体で行われる最後のダービーを勝つために零細牧場主・笹田の最高傑作”ポグロム”を購入。立ちはだかるのは最大手牧場が禁断の交配により生み出した”エピメテウス”。勝つのは「悪魔的な強さ」か、「病的な速さ」か。時代が埋もれることを許さなかった問題作。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン