作品詳細

厭世マニュアル(角川文庫)
厭世マニュアル
704円
■ろくでもなく愛おしい主人公の決断に、きっと誰かが救われる。――住野よる氏■薄暗い青春の片隅でうごうごしているとき、我々はみんなマスクをつけている。――森見登美彦氏(解説より)人生、マスクが必需品。自称「口裂け女」ことくにさきみさとは、札幌在住の22歳フリーター。他人とはマスクを隔てて最低限の関わりで生きてきたが、諸事情により、避けてきた人々と向き合う決意をした。自己陶酔先輩の相手をし、ひきこもりの元親友宅を訪問し……やっかい事に巻き込まれ四苦八苦する口裂けだが、周囲の評価は確実に変化していき――?衝撃の結末とある「勇気」に痺れる、反逆の青春小説!第6回野性時代フロンティア文学賞受賞作。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン