作品詳細

華舞鬼町おばけ写真館
華舞鬼町おばけ写真館 夜の語り部とふっくらカルメ焼き
561円
5巻まで配信中
「虚路は人から忘れられそうになったら、姿を現す」それは人に忘れられてしまったらその概念は消えてしまうからだ、と狭間堂から説明を受ける那由多。一方、浮世と華舞鬼町では拍子木の怪談と神隠しの事件が増えているという。「火の用心」のような声かけの後、聞こえる拍子木を打つ音。それを聞いた人が消えてしまうという話だ。しかし、那由多の姉・茜が行方不明になってしまう! 境界に閉じ込められたのか?那由多は狭間堂とともに、境界の中にある映画館を探す。そこで虚路の故意により祖父の形見だったカメラを壊してしまう!
華舞鬼町おばけ写真館
561円
黄昏の薄闇に包まれた街に、ぼんやりと提灯の灯が浮か…
華舞鬼町おばけ写真館
561円
大学に入ったばかりの人見知りな青年、那由多。ある日…
華舞鬼町おばけ写真館
561円
それはまるで明治大正の浅草。レトロな街並みを異形達…
華舞鬼町おばけ写真館
561円
夜中に動画サイトを見ていた那由多は、何かに操られる…
華舞鬼町おばけ写真館
561円
「虚路は人から忘れられそうになったら、姿を現す」そ…

この作品を読んでいる人にオススメ

同じ作者の他の作品

角川ホラー文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン